株式会社CKF

CSR

マレリグループのCSR方針MARELLI CSR POLICY

マレリグループの「CSR方針」は、「コーポレート・ビジョン」を実現するために、
すべてのステークホルダーと社会に対して実行をお約束する責任と指針です。この方針に基づいて、
従業員一人ひとりが社会的責任を自覚し、誇りを持って日々の活動を行うこと、社会的側面、環境的側面、
経済的側面からバランスの良い事業運営を行うことで、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

健康経営の推進を宣言
詳細はこちら

CSR方針CSR POLICY

お客さまへの責任

お客さまへの責任

多様化する時代の要請と期待に応え、お客さまにご満足いただける質の高い製品とサービスを提供し、信頼されるNo.1サプライヤーを目指します。

お取引先への責任

お取引先への責任

部品・サービスを提供していただくお取引先とイコールパートナーとして連携し、公正で倫理的な事業慣行を通じて、相互に競争力の向上と持続的な成長を図ります。

従業員への責任

従業員への責任

社員一人ひとりの多様性と価値が尊重され、より企業と社会に貢献できる人格育成の場と安全で健康な環境が提供されて、誰もが夢と情熱と誇りを持って豊かな人生を送れる企業づくりを目指します。
従業員の安全衛生責任『従業員の安全と健康の確保はすべてに優先する』という基本理念のもとに、全員参加で業界トップの安全で適正な職場を実現します。

株主・投資家への責任

株主・投資家への責任

持続的に競争力ある製品を開発し収益の向上につなげるとともに、公正な事業運営と積極的な情報開示を行って企業価値を向上させ、株主・投資家に還元します。

社会への責任

環境

環境Environment

従業員一人ひとりが常に自然の原点に立ち返るとともに、新たな技術統合による知的革新を通じて地球環境保全に努め、心豊かな社会の発展に貢献します。

モノづくり

モノづくりManufacturing

環境技術、安全技術、快適技術の3つの技術分野を重点課題として取り組み、製品を通じて車社会に貢献します。 環境:地球環境に優しい車づくりのために
安全:事故の無い車社会づくりのために
快適:快適に運転できる車づくりのために

社会活動への参画・社会貢献

社会活動への参画・社会貢献Social contributions

事業活動全般にわたり、かかわりのある地域社会や社会活動に積極的に参画し、良き企業市民として社会の持続的な発展に貢献します。

マレリ福島独自のCSR活動CSR REPORT

お客さまへの責任

環境関連の法規制が整備される中、企業の環境対応の是非によって、その商品や企業自体がお客様から選別される時代となりました。 「企業活動の基盤として地球環境の保全に努め豊かな社会の発展に貢献する」を基本方針とし、環境マネジメントに関する国際規格ISO14001の認証を1999年に取得しました。 地球環境の負荷低減に関する継続的な改善と、全従業員のモラル・マナーの向上を図り、地球にやさしい工場を目指しています。

目標の具現化に向けての日常活動としての5つの柱

  • ① 国内・海外連結会社における環境マネジメントの強化
  • ② 廃棄物を出さないゼロエミッション工場の推進拡大
  • ③ 環境配慮型製品開発
  • ④ 地球温暖化原因物質CO2排出量の削減
  • ⑤ 社会貢献と地域共生

環境経営マネジメント

従業員一人ひとりが、日常業務の中で環境に配慮した行動が出来るよう従業員の環境意識の向上に取り組みます。

工場見学

工場見学

社会見学の一環として地元小学生を対象に工場見学を行なっています。社員がアテンドし、工場の説明なども行なっています。

地域参画

地域参画

二本松本社近くのゴミ拾いや、地域で開催されるイベントに関して協賛などを行い、地域参画に努めています。

ダイバーシティ・ワークライフバランス DIVERSITY WORK-LIFE BALANCE